おまけで貰ったペリペラとクリオのリップを試してみました


この間、キルカバーのファウンウェアクッション オールニューと一緒に買ったリップ。
メルティングシアーマットバームは到着日から毎日使っています。



使っていると、まぁ、悪くないかな(笑)

使用感はともかく、とりあえずマスクには付きにくい(笑)

一緒に届いたおまけのリップたちも開封。

この3本のスウォッチ色比較をしてみます。
まずはペリペラのインクマットブラーティント。

頂いた色は#スリリングレッド #RD101M #9 Thrillng Red

ペリペラは10代とかの若い女の子たちをターゲットにしたブランドだから、どんな商品があるか全く知らなかった。
でも、このリップのケースとか可愛いな。
安っぽいかなと思ったけど、アプリケーターも意外に使いやすいです。

スポンサーリンク

こちらはクリオのマッドマットバーム。↓
お色は23番のランジェリーショー。オレンジ系の落ち着いた色。
名前の通り、3本の中では一番マットな仕上がり。

最後は同じくクリオのメルティングデューイーリップ。↓
色は02番のリッチワイン。

ワインってなってるけどプラムっぽい色ではなく、使いやすいレッドリップという感じ。
イエベでもブルべでもいけそうな感じです。

こちらは艶ありリップ。
私はマットリップが苦手なので、このリップの付け心地が一番好きかな。

3本をそれぞれ腕に付けてみた感じはこちら。

この順番です。↓
ペリペラのティントの発色すごい。

そして、1分くらい経ってからティッシュで強く2回擦って拭き取ってみました。

やっぱりペリペラ強し。
でも実際に唇に塗ったらペリペラはムラになっちゃって、なかなか塗るの難しい。
綿棒とか駆使して薄く塗ってみようかな。

ティント力では意外にクリオのメルティングデューイーも検討。

3つともこんな感じに色が残ってくれるので、おまけで貰えてラッキーでした。
どれも自分では購入しそうにない色なので、トライしてみようと思ってます。

 

比べてみるとクリオのリップのケースはなんだか地味な気がする。。



クッションファンデもそうだけど、クリオはパッケージデザインをもっと改良して欲しいな~:)

カテゴリー☆
Clio
スポンサーリンク
シェアする
Shiroをフォローする
::韓国で暮らしてみたら::

コメント

タイトルとURLをコピーしました