PR

ロングセラーの資生堂 スポッツカバーファウンデーション買ってみた。

金浦のロッテモールのがってん寿司に初めて行ってみました。
鐘路や以前あった明洞とかにはよく行ってたけど、金浦はいつも満席で待機人数がすごくてなかなか食べる機会がなかった。

私が好きなのはホヤとあん肝:)
鮭の頭焼いたのも美味しい。
いつも適当に食べてるけど、冷静になって回ってる皿の値段考えると手が出なくなるな(笑)
一皿6000ウォン以上のものも多くて、”昔は定食が食べられてたな〜”とか考えてしまいます:)

歳を重ねて、ホルモンの関係で逆に肝斑は目立たくなったけど、やはり頬のシミが。
そこで、昔からカバー力に定評のある資生堂のスポッツカバーを買ってみました。

調べてみると、スポッツカバーにはコンシーラー的に使うハード(H)とそれよりも柔らかいソフト(S)があるみたいですが、韓国で発売されているのはSのみ。
ハードタイプを購入するのは日本からの輸入になるので、今回は韓国でも正式に輸入販売されているソフトのタイプを購入してみました。

私が購入したのは明るい方の色S100。

価格は送料込みで15,000ウォンくらい。
日本で買うよりはやっぱり高いかな?

ブラシでシミの部分に乗せてみたけど、ニュートラルな良いお色。
でも私のシミにはちょっと明るいかな。
テクスチャーは柔らかすぎず使いやすい感じ。
色比較しているのはクリオの4番ジンジャーと、エスプアのスティックファンデのペタル。

韓国で売ってる化粧品には使用期限は記載されているのが良い。
買ってから随分経った化粧品って捨てるチャンスがなかなか無くて、ずっとお蔵入りしちゃうものも多いけど、使用期限が来てたら諦められるから:)

この間、使用期限来てたけど捨てられなかった化粧品使ったら、酸化してて臭くなっててショックだった・・
食べ物じゃなくてもやっぱり腐るもんね。
化粧品も新鮮なうちに使おう:)

カテゴリー☆
CosmeticsOther
スポンサーリンク
シェアする
Shiroをフォローする
::韓国で暮らしてみたら::

コメント

タイトルとURLをコピーしました