大人の歯科矯正~拡大装置開始~

スポンサーリンク

最終的に矯正を決断したきっかけというのは、自分が映った映像です。
普段、自分の顔を見るのは鏡か写真。
鏡の場合は、どこかを集中して見ているし、セルカの場合は構えた表情だし、客観的に見れない。
ある時、私の映像を見た時に、自分の口元の不細工さが気になり出しました・・・
他人から見える姿を知ることが出来るので、そのためにも動画撮るのは良い。

それに、歯列が整うと歯磨きがしやすくなり、歯周病にもなりにくいんじゃないかと。
私のような年齢なら見た目も重要だけど、健康がもっと大事。
インプラントも韓国は安いけど、最終手段にしたいので:)

第3回目通院。
いよいよ、治療と矯正開始です。
最初に、出来上がった拡大装置を嵌められた。
私は歯茎治療が終わってからの、拡大装置装着だと思っていたのでビックリ:)
さすが、何でも早い韓国。こういうとこ好きですw
Günther BraunによるPixabayからの画像

そして、一旦拡大装置を外して、歯茎の治療。
普通のスケーリングは少し前に他の歯科で受けていたのですが、今回の治療は歯茎の中の歯石を除去するとの事。
怖い~

まず、歯茎に麻酔を打たれます。これが結構痛い。
しばらくして麻酔が効いてきたら、治療開始。
深い部分をがりがりやられました。結構溜まってるのかな。。。
この歯石除去治療を担当してくれたのは優しい女医さんで、終わった後も丁寧に説明してくださいました。
その後は、衛生士の方から歯磨き指導。色々アドバイスしていただきました。

治療が終わると、作ってもらった拡大装置を装着してお会計。
だけど、麻酔が残っているのと拡大装置のせいで変な活舌にww
第3回目の費用は、健康保険適応の歯茎治療代の17,900ウォンでした。

私の拡大装置はこんな感じ。
※ここから閲覧注意
これを歯の舌側に装着します。
外すのは食事+歯磨きの時間だけ。2日に1度、装置の真ん中にある穴に器具を刺して回します。そうすると段々装置が広がっていくみたい。ケースもいただきました。

装着したらこんな感じ。
ものすごく活舌悪くなります。仕事してなくて良かったわw外側はひっかける金属部しか見えません。先は長いけど、早く綺麗になりたいな~

スポンサーリンク

コメントをどうぞ**

*
*
* (公開されません)