カサンデジタル団地の週末だけのインドネシア料理店へ。

ここ数日、バリ島旅行に行きた過ぎてYoutubeのバリ島動画ばかりみています:)

最初は夫に連れられて行っただけで特に興味が無かったんだけど、滞在しているうちにすごく気に入ってしまったバリ島。
特にサヌールに滞在した時に感じたまったり具合。
リタイア後の欧米人が多くて、流れる時間がゆるい。海辺にいる野良犬も可愛くて。
ワルンと呼ばれる地元の食堂の料理も美味しいし、いつか長期滞在したいなと思う程。

でも、今はコロナなので観光でも行けず。
仕方なく、家で動画見ながらインスタントのミーゴレンとかナシゴレンを作って食べるしか(笑)

だけど、ソウルにも何軒かインドネシア料理店があるのを見つけたので、ちょっと行ってみることに。
ソウルにはフォーなどのベトナム料理店は多いんだけど、インドネシア料理店は見たこと無かったんです。

こちらがカサンデジタル団地にあるワルンで、ロッテアウトレットの地下の食堂街の一角にあります。
ワルンマカンボロブドゥルというお店です。

調べてみると、平日は休業しててt土日しか開いていないようなので、土曜日に事前に電話確認してから行きました。

行って分かった事。
平日はミョンテジョリム(スケトウダラの煮つけ)がメインの韓国料理のお店だった(笑)

この辺りはカサンデジタル団地でオフィス街で、平日は会社員が多いから無難な韓国の魚料理のお店にしているんだろうな。
だから店内にはインドネシアなディスプレイと、ミョンテジョリムの渋い韓国語のメニュー表が混在しています:)

こちらもお店の一角です。
値札付いて無いけど、売り物なのかな?

買えるなら、インドネシアのソースを買って帰れば良かったな。

スポンサーリンク

メニュー表登場。

意外に色々メニューがあって、迷う。迷う。
サテも食べたいし、ミーゴレンも食べたいし・・・

伝票にセルフでチェックして注文するスタイル。
結局私は羊のサテにして、夫はナシゴレンスペシャルにしました。

これも飲んでみたかった、ティーボトル。
甘いジャスミンティー。

氷の入った昭和可愛いグラスと一緒に登場:)

夫が注文したナシゴレンスペシャル。

アヤムゴレン(鶏の揚げたもの)が添えられているけど・・スペシャルな感じは無いかな:)
味は、なんだか普通な感じ。

私の羊のサテのプレート。

やはり韓国人の舌に合わせているのか、全体的にベースが甘い料理になってました。
私が望んでいたインドネシア料理とはちょっと違っていた・・

私はバリでしかインドネシア料理を食べたことが無いので、もしかしたら他の地方の味付けなのかもしれないけど。
残念ながら好みじゃなかったな。。。

他にソウル市内でも何軒かインドネシア料理店を見つけたので、そのうちインドネシア料理巡りしようと思っています:)

カテゴリー☆
Food
スポンサーリンク
シェアする
Shiroをフォローする
::韓国で暮らしてみたら::

コメント

タイトルとURLをコピーしました