ユ・アイン主演のゾンビ映画「生きている(살아있다)」を観てきました。

コロナの影響で映画館も大変だからか、割引クーポンが出ていたので映画を観に行くことに。
午前中の上映は元々料金が安いので、クーポンをプラスしたら無料になりました:)

私達が見たのはユ・アイン主演の살아있다(生きている)です。


まぁ、いわゆるゾンビ映画。

クーポン配布されていたので混んでいるかと思いきや、人はまばらでした。

充分ソーシャルディスタンス保ててます:)

後からコロナ対策のために上映中の飲食は控えるようにと知ったけど、普通に売店で売ってたし・・


何なんだろう・・:)

スポンサーリンク

映画が不人気なのか、コロナのせいか、午前中だからか・・ガラガラ。

映画のネタバレは書きませんが・・
あり得ない設定・展開が多くて、リアル感は無いですw

ユ・アインが演じる主人公ジュヌがドローンを飛ばしたりして、生き延びるために色々行動するのですが・・
私もドローンが欲しくなりました。万が一のために(笑)

そして、ジュヌの相手役のユビン(パク・シネ)の身体能力半端ないww


☆Vlogチャンネルも始めました☆


☆Vlogチャンネルも始めました☆
カテゴリー☆
Etc
スポンサーリンク
シェアする
Shiroをフォローする
Koreadiary.com::韓国で暮らしてみたら

コメント

タイトルとURLをコピーしました