全州の老舗チョコパイと、観光案内所の可愛い猫。

スポンサーリンク

全州の日帰り旅行レポもこれが最終です:)

マキシムの無料カフェを楽しんだ後は、お土産を買うためにチョコパイが有名な老舗のお店に。
1951年創業のPNB豊年製菓(PNBプンニョンジェグァ)と私たちの行った1969年創業の豊年製菓(プンニョンジェグァ)は違う店らしい。
私はソウルのデパートで見たことがあるPNBの方しか知らなかった:Pリアルチョコパイと、リアルじゃない?チョコパイがあったので、リアルなチョコの方を買いましたw麻薬パンというコーンが入ったパンもあったので、それも購入。お土産も買って、出発時間まで時間があったので観光案内所へ。
仁川空港などへ向かうバスのチケットの券売機もありました。決済はクレジットカードのみ。便利そう。ねこのぬいぐるみかな?と思って近づいたら本物の猫だった:)写真撮ってたら、シャッター音で起こしてしまった。。すまぬ。この観光案内所で飼われている猫のようでした:)

待ち合わせ場所で集合して、帰りのシャトルバスで明洞まで。
1万ウォンでお得な旅が出来ました♪

スポンサーリンク


買って帰ったチョコパイたち。齧りかけ御免。
うーむ。コスパから考えたら、ロッテのモンシェルのカカオ味の方が良いと思うwコーン入りの麻薬パン。うーむ。パリバケットレベル。。。麻薬には絶対にならないwソウルのパンのレベルが上がって来たので、老舗の3大パン屋とかいっても、美味しかったためしがない。。。ソウルのパンは、老舗の店より新しい人気の店の方が日本人には口に合うと思う:)

スポンサーリンク

コメントをどうぞ**

*
*
* (公開されません)