今年オープンした東急ステイ博多に宿泊。

スポンサーリンク

日本に住んでた頃は修学旅行でしか行ったことが無かった福岡。
ソウルからは格安なLCCがたくさん飛んでいるので、韓国に住みだしてから福岡旅行に行くこと数回。

福岡のメリットは、福岡空港が市街地に近い事。
LCCを使っても関空や成田を使うと移動だけで時間とお金のロス。
福岡だと空港も近くてコンパクトな都市なので、ショッピングやグルメ旅行には最適です。

今回はチェジュ航空の安い便で3泊4日の旅行でしたが、利用したのは東急ステイ福岡という新しいホテル。

福岡空港からタクシーで行ったけど、このホテルが新しすぎてタクシーの運転手もまだ知らなかった・・・w
タクシー運賃は福岡空港の国際線到着ロビー階のタクシー乗り場から1700円くらいでした。近い~!

外観は撮るのを忘れたんだけど、ホテル名表示が小さい+お洒落で、分かりにくいw
タクシーの運転手さんも困るよね:p

場所は博多駅の高架をヨドバシカメラ側に少し行ったところ。
今年オープンしたばかりのホテルなので、新しくてお洒落。
私たちはチェックイン時間より早く到着したので、荷物だけ預かってもらって博多の街へ出ました。
スタッフの方もみなさん親切。
やはり外国人の宿泊客が多い感じでした。部屋のアメニティは歯ブラシくらいしかないので、必要なものはこのコーナーから自由に持って行くことが出来ます。
コットン、シャワーキャップ、コーム、ボディスポンジ、綿棒などがありました。こちらが宿泊客が使えるカフェ。
自動販売機もありますが、無料のコーヒーマシーンや氷が置いてあります。わざわざコンビニやコーヒーショップに買いに行かなくてもインスタントではないコーヒーが飲めるので便利でした。
コーヒーが好きな人にとっては、とても有難いサービスです。一階には日本食のレストランがありました。
福岡では行きたい店が多すぎて、こちらを利用する機会が無かったのが残念。このホテル付近の居酒屋マップも置いてありました。
食べることには全く困らない。というか、福岡は食べたいものがありすぎて困る。いよいよお部屋へ。
韓国に住んでいたら、日本の最新式のエレベーターが安心するわw広くは無いけど、大人2人3泊で5万円位だったから、こんなものかな?
部屋に入るといきなりドラム式洗濯機のお出迎え。乾燥機付きだし、子連れや長期滞在者には便利だと思う。
通常のホテルではクローゼットになるスペースに洗濯機が置いてある感じでした。電子レンジ、ズボンプレッサー、加湿機能ありの空気清浄機も置いてありました。ベッドも十分な広さ。パジャマ付き。ソファーもあって、部屋飲みした時とかに何気に便利でした。日本なので当然100Vの電源のみですが、一緒にUSB電源もあってスマホやカメラの充電に便利でした。
外国から来た人にも便利だし、最近のホテルはUSB電源装備が標準なのかも。こちらのホテルで良い点だと思ったのが、滞在中の簡易清掃。
基本的に滞在中はタオル交換とごみ収集だけで、清掃は無し。
でも、清掃やシーツ交換の希望がある時は、有料でリクエストできる。人手不足の日本だし、不要なシーツ洗濯を減らすのはエコだと思うので良いと思う。
潔癖症な方には有料オプションがあるわけだし、良いシステムだと思いました。これからこういうホテル増えそう。バスルームは一人暮らしマンションのユニットバスよりは少し大きいくらいかな。
トイレはウォッシュレット付きでした。TOTO最高:)
ハンドソープと洗顔フォームは兼用の物でした。
洗顔料が気になる方は自分に合うものを持参した方が良いかも。私は気にせずに使用したけどwシャンプー、コンディショナー、ボディシャンプーなどは、ポーラの物でした。
最近、日本のビジネスホテルのシャンプーはポーラの確率が高いな・・1階から貰って来たアメニティ。
洗濯洗剤は、チェックインの時にフロントでいただきました。2個目からは30円(だったかな?)で有料とのこと。

スポンサーリンク


もちろん冷蔵庫もあり。
部屋に電子レンジもあるので、博多阪急のデパ地下とかでも色々買って食べました:)

今回は太宰府にも足を延ばして、楽しい福岡旅行になりました。
だけどどこ行っても韓国人だらけなので、緊張感は無かったな~w

スポンサーリンク

コメントをどうぞ**

*
*
* (公開されません)