DMZツアー 自由の橋や第三トンネルなど。

スポンサーリンク

前回のDMZツアーレポの続きです。

念願のJSA(板門店)を見学した後は、昼食の会場へ。
その会場に行くまでも、バスに乗り込んで来る軍人にパスポートを提示して何度も検問を通過します。
軍事境界線に入った人と出てくる人の数が違ったら問題だもんね:)ツアー代には昼食代が含まれていました。
私たちはプルコギとビビンパのどちらかを選択できました。私はビビンパを。
野菜のみのシンプルなビビンパでしたが、普通に美味しかったです。
肉料理の多い韓国で、ベジタリアンの方には助かるメニューかも。友達はプルコギを選択してました。昼食を食べた後は、集合時間まで自由行動。
自由の橋や、朝鮮戦争時に銃撃を受けた汽車なども見ることが出来ました。向こうは北朝鮮。同じ民族が分断によって自由に会えないなんて、悲しい事だなぁ。。人々の統一の願いのメッセージが。この橋の向こうには北朝鮮に繋がっています。激しく銃撃を受けた汽車も展示してありました。この先は有料のゾーン。

スポンサーリンク


入場料は2000wだったかな?
両側は撮影禁止。進行方向のみ撮影可能でした。統一が難しくても、離散した家族や親族には自由に会えるようになればいいのにな。

お次は楽しみにしていた第3トンネル。
現在まで、北朝鮮が韓国に向けて堀ったトンネルは4つまで発見されているようです。
残念ながら、トンネルは撮影禁止。トンネルの中へは、カメラや携帯も持ち込み不可。
ロッカーに全て荷物を預けて行きます。(タオルやハンカチ、お水などは持ち込み可でした:)トンネル内では、北朝鮮側が掘る時に作ったダイナマイト用の穴なども見ることが出来ます。
トロッコでも入ることが出来るみたいだけど、私たちは往復徒歩でした。トンネルの行き止まりまでの距離は大したことは無いけど、傾斜が続いているのでかなりきついです。お年寄りとかは無理かも。

行きは良いけど、帰りはかなりキツくて次の日筋肉痛になりましたw
でも、面白かったので行って良かった:)

次は都羅山(トラサン)展望台へ。北朝鮮方面を見渡すことが出来ます。でもこの日は視界が悪くて、あまりよく見えなかったのが残念でした。。。お次は都羅山駅。
現在はまだ繋がってませんが、この路線が開通すると北朝鮮や中国、ロシアの方までずっと汽車で行くことが出来るとの事。構内にはブッシュ元大統領のサイン入りの枕木などが展示してありました。この間の南北首脳会談の記念写真:)
乗り場の案内に、”平壌方面”と記載してあるのが不思議な感じ。入場券を購入すれば、ホームなども見学できるようでした。以上、ツアーの内容はこんな感じ。

このツアー代金は12,900円と安くはなかったけど、これからどう変化するか分からない場所なので、今回行けて大満足:)
開催日でも何か起こるとキャンセルになってしまうツアーなので、最後まで順調に見学出来てラッキーでした。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ**

*
*
* (公開されません)