JWマリオット東大門のラウンジで、モンブランピンスを。

スポンサーリンク

数年前の新羅ホテルのマンゴーピンスからなのか、毎年発売されるホテルの高級ピンスももう珍しくなくなりました。
価格は5万ウォンまでのものが多い感じで、もっと高いものもあり。

今回、私たちは東大門にあるJWマリオットのピンスを食べてみることに。ピンスが食べられるラウンジは1階にあって、外には東大門が見えます。
テラス席もあるけど、私たちが行った日は灼熱だったので当然利用者無しwシンプルなインテリアで明るい。だけど狭い。
小さなホテルだから仕方ないかも。
狭いけど適度に感覚があって、席の配置は好き。エアコンがフル稼働しているからか、天井からたまに空調からと思われる水が滴ってたけどwこちらの今年のピンスは6種類みたい。
マンゴー、あずき緑茶(2.9万w)、モンブラン、ココナッツ、キティーコラボのピンス(3.7万w)。
ドンペリピンス(8万w)というラインナップ。どれも1個で2人分みたい。隣の席の女子グループは、ドンペリピンスを囲んで撮影会してました:)
でも、ドンペリかけると可愛い綿菓子がしぼんでもったいない気がwどれもインスタ映えする感じです。

私たちは韓国では珍しいモンブランを。
韓国ではモンブランのケーキとかも見ないんですよね。あれって日本だけのケーキなのかな:(

スポンサーリンク


オーダーしてから結構経ってからピンス登場。
お水はリクエストしなければ出ませんでした。デコレーションされている白い棒はメレンゲのクッキーのようでした。金箔もデコレーション。
マロンクリームが甘すぎずに良い感じ。一緒にラムのシロップも。
中はミルク氷。外のクリームとよく合います。お好みでラムシロップをかけて。このシロップもよく合う:)
中に入っている茶色いのは洋酒の効いていないマロングラッセのようでした。美味しい。モンブラン好きの私には大満足のピンスでした。高かったけどw

私たちが帰ろうとしていたら、14:00から始まるハローキティーのスイーツバイキングのための準備が始まりました。私はキティーに興味ないので、コラボ無しの時に来てみたいな。でも、キティーのディスプレイがどれもこれも可愛い。子供過ぎなくて素敵。ソウルに旅行に来てソルビンも良いけど、こういう静かなホテルでピンスを食べるのもおすすめです。
ちなみに、キティーコラボのデザートビュッフェは9月までみたいです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ**

*
*
* (公開されません)