ソウルの中のウズベキスタン街に行ってみた♪

スポンサーリンク

最初、ウズベキスタンと聞いてぱっと何もイメージできなかったんだけど、旧ソ連の国らしい。
アフガニスタンとかカザフスタン、タジキスタンとか隣接している国。

ソウルの東大門にそのウズベキスタンの人たちが集まる街があるということで行ってみることに。
日本でもコリアンタウンとか中華街がありますが、小規模だけどそのウズベキスタン版って感じ。
韓国の古い建物の中に紛れて、ウズベキスタンのお店が点在してます。ロシア語の看板も多くて、私にはチンプンカンプンw ロシア系のスーパーとか、EMS取扱店、両替店などもありました。
待ち行く人もウズベキスタンの人らしく、明らかに韓国人とは違う人々。私たちは、사마르칸트(サマルカント)というレストランに行くことに。
周辺に同じ名前の店舗がいくつかありますが、どれも同じウズベキスタン出身のオーナーらしいです。店舗前にはパンを焼く窯が。タイミングが合えば、焼き立てのパンが食べられます。メニューはどこも同じようなので、ウズベキスタンテイストの内装の店舗を選んで入りました:)店内のテレビにはウズベキスタンの歌謡曲PVが流れてました。ウズベキスタンの人はロシア人系というよりは濃いアジア系のお顔立ち。
彫りの深い美人も多そう~♪
友人曰く、時々ハンサムな店員さんもいるらしいw
まずはロシアのビール。
番号によって、アルコール度数が違ったり、黒ビールだったりするみたい。グリルの盛り合わせ。
お肉といえば羊肉らしい。一緒に小さなサラダみたいなのが出てきたんだけど、撮り忘れた。。痛恨のミス。
人参のサラダが独特の調味料で、美味しかったのに~ビールに合います♪

スポンサーリンク


羊の臭みも気にならなくて、美味しい。もっと味付けの癖が強いかと思ってたけど、大丈夫でした。
ピラフにも羊の肉がたっぷり乗ってます。二人でシェアして食べてもこれで十分でした。
お客さんはウズベキスタン人も多かったけど、韓国人の姿もちらほら。やっぱり人気店のようです。

ちなみに、こちらがメニュー。

食事をした後は、お店を移動してお茶することに。
ウズベキスタン?ロシア?スーパーの奥にあるカフェコーナーへ。
ロシア語で表記してあって、何が何かわからないケーキw焼き立てパンも沢山♪どれも美味しそう~♪
軽い食事もできるようで、ランチに来たウズベキスタン人だと思われるお客さんで賑わってました。私はバターだと思ったけど、人気のアイスクリームらしいw ↓本物のバターはこちら。
他にもワインとかお菓子など、いろんな食料品が売ってました。とりあえず、コーヒーとケーキを注文。
韓国語も通じるみたいだけど、なかなか意思疎通が難しそうなので友人にオーダーはお任せwチョコレートのケーキだと思ったけど、チョコの味のしない甘いケーキ。外国だわ。。私はアイスアメリカーノを注文したのにホットで出てきたので、変えてもらうことに。でも、ホットの器にそのまま氷を入れた状態で登場。
うーんww元々濃いコーヒーなのか、普通に美味しかったけれどもw
これはウズベキスタンの店だからか、ここが韓国だからか・・・
日本にあるウズベキスタン料理屋だったら違う対応のような気がするw

今回は時間が無くてスーパーで買い物できなかったので、今度はお菓子とか買って帰りたいわ♪

スポンサーリンク

コメントをどうぞ**

*
*
* (公開されません)