仁川空港→桃園空港 台北旅行1日目

スポンサーリンク

12月に行った台北旅行の記録です。
まず旅行の日程を決め、それに合わせて航空券を手配。
インターパークで検索して、一番安かったジンエアーに決定。
価格は日本円で25,000円くらいでした。
仁川空港出発なので、周りは韓国人ばかり。
隣のおばさんに肘を何度も当てられ、不快なフライトでした:(
韓国人のおばさんって謝らないよね・・・
飛行時間は2時間50分。
LCCだけど機内食も出てきました。
おにぎりとマフィンとバナナ。
配られる飲み物はお水のみ。他の飲料は有料です。
有難く完食しました:)

桃園空港も入国審査は長蛇の列でした。
かなり待ったわ・・・
台湾は漢字表記が多いので、日本人にはやっぱり分かりやすいな。

両替は、入国手続きを終えてからバゲージのレーンがあるところにある台湾銀行の両替窓口で。
職員の方が手早く両替してくれました:)

券売機で鉄道やバスで使える交通カードの悠遊カード(Easy Card)を購入。
私の前に並んでいた韓国人親子が何を買えばわからずに四苦八苦。
券売機が二つしかないのに、調べてから並びなおせばいいのに・・・譲り合いという言葉が辞書にないから仕方ない。
ここでかなりの時間のロス。MRTの急行で台北駅まで行きます。
ことりっぷなどのガイドブックで予習していたので、ここまでスムーズに乗車できました:)
こちらが悠遊カード。
券売機では500台湾ドル(カード代100+400台湾ドル分のチャージ済み)の一択でした。
日本語の表示にもなるので買いやすいけど、1000ドル札入れてもおつりは出ません。
チャージ分が足りなくなったら駅などで100ドルからチャージ出来ました。
桃園空港から台北駅までは十数個駅があるけど、急行なら停車駅が2個くらいで早かった!
綺麗だし便利だわ~!中で飲食できないのが不便だけど:p

車窓から見える建造物は日本に似てる。
でも、樹木が明らかに南国!密林みたいな山も。
20分くらい乗ったら台北駅へ到着。
新しく開通しただけあって、駅構内も綺麗でした。トイレも:)
台湾では、韓国で買っておいたSIMカードを使用。
フリーWiFiもいろんなところに飛んでいるけど、旅行中いつでもインターネットに繋がっているのはやっぱり便利。
私が使用したSIMカードは「台湾の星」というキャリアのものでした。
韓国で使っているものよりは遅かったけど、全く問題なし。

台湾駅からホテルのある雙連駅へ。
ホテルのレビューは別記事で ↓ ↓

ホテルに荷物を置いたら、台北市内をぶらぶら~♪
ガヤガヤしている通りは台湾のイメージ。
やっぱりバイクが多いし、日本よりかなり自由なスタイルw

台湾のポスト可愛いです:)

やっぱり台湾はフルーツの種類が多い♪
スーパーの中に入っても、目新しいものばかりでワクワク。
そして、店員さんがみんな親切。不親切な人が多い場所で暮らしているから感動です:)

スポンサーリンク


友人が、台湾土産に人気のカゴバックのお店に連れて行ってくれた♪
ことりっぷに紹介されてたところだ~♪かごバッグはナイロンの紐で編んであって、チープ可愛い感じ。
濡れても平気なので、プールやお風呂に行くときに活躍しそうです。
自分用とお土産用に数個購入。安くて軽くてお土産にも良いわ♪他にも竹細工の小物や、木でできた食器なども沢山ありました。
日本で買うより安そうです。それに、おしゃれなもの多かった。
郵便局の車とか。
韓国に初めて来たときに、何見ても珍しく感じたことを思い出したわ:P
台北の街でトイレに行くときは、コンビニのトイレをよく利用させてもらいました。
どこのトイレもきれいに掃除されてて意外でした。

トイレを借りるだけでは悪いのでw
コンビニで電鍋に入った煮卵を買ってみました。
自分でビニール袋に詰めてレジに持っていくスタイル。
この煮卵は独特の香りがあるので、苦手な人も多いんだとか。
ちょっとビビりながら食べたけど、そんなに香りは気にならなかった。
この電鍋欲しいわ。レトロ可愛い。
やっぱり、台湾っぽい味と香り。ぺろりと完食。

次の記事に続きます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ**

*
*
* (公開されません)